演題番号

/ No.
1S05-5
プログラム分類

/ Category
シンポジウム / Symposium
セッション名

/ Session Theme
小胞体とオルガネラの接触領域の役割
Roles of contact sites between the endoplasmic reticulum and organelles

座長

/ Organizers
多賀谷 光男 (東京薬科大学), 藤本 豊士 (名古屋大学)
Mitsuo Tagaya (Tokyo Univ. of Pharm. and Life Sci.), Toyoshi Fujimoto (Nagoya Univ.)
発表日時

/ Date & Time
12/14 16:10 - 16:35
会場

/ Room
第6会場 (411+412) / Room 6 (411+412)
タイトル

/ Title
小胞体カルシウムセンサーSTIMのカルシウム流入誘導機序とその生理的役割
The mechanism of calcium influx induced by ER calcium sensor STIM and its physiological function.
著者

/ Authors
馬場 義裕1
Yoshihiro Baba1
所属

/ Affiliation
1 阪大・免フロ・分化制御
1 Lab. for Lympho. Diff. of IFReC of Osaka Univ.
抄録本文

/ Abstract

抄録本文は会員にのみ公開しております。
閲覧されたい場合には、こちらより認証してから閲覧して下さい

"The Abstract" display only to a member. Please authenticate from here.

キーワード

/ Keyword
STIM1, STIM2, store-operated calcium entry, B細胞

.